通信制高校で高校卒業資格を取るのは大変?高卒認定資格の方が良いの?

通信制の仕組み

病気で長期間入院したら、出席日数が足りなくなっちゃった。

どうしよう・・・。

全日制高校に通っている場合はこのような事態になると留年する可能性が高くなりますよね。

そこで、留年しないで済む方法を考えていくと、

もしかして、通信制高校へ転入すれば3年間で卒業できるかも・・・?

・・・という考えに至る人は多いし、実際に通信制高校を選ぶケースが多いです。

この記事では、

・通信制高校で卒業資格を得るには何が必要か
・高卒認定資格とは何か
・高校卒業資格と高卒認定資格のどちらが良いのか

以上についてまとめました。

スポンサーリンク

通信制高校の卒業資格を得るには何が必要なの?

卒業資格の要件

通信制高校の卒業資格を得るには以下の3要件が必要です。

・在籍期間・・・丸3年以上
・単位数・・・74単位以上
・特別活動・・・30単位以上

通信制高校で卒業資格を得ようとする場合、全日制高校や定時制高校とは全く考え方を変えなければなりません。

というのも、全日制や定時制では学校へ行って授業を受けるのが基本ですが、通信制は文字通り「通信」なので、学校へ通う必要がないのですよね。勉強は自分一人で自宅学習するのが基本です。

そして、全日制や定時制だと出席日数が一定以上というのが卒業要件に関わってくるのですが、通信制では通常授業に関して出席という概念がありません。ですので、別のことで卒業について判断しなきゃいけなくなります。そのための3つの要件なのです。

では、具体的に3要件について詳しく確認しましょう。

在籍期間

通信制高校を卒業するためには、丸3年(36ヶ月)以上在籍が必要です。

また、多くの通信制高校では最短3年ですが、一部の通信制高校においては最短4年となっている学校もあります。(4年というのは公立通信制高校に多いです。)ですので、3年間で卒業したい場合は、その学校の在籍期間が最短3年と4年のどちらかを確認した上で受験しましょう。

単位数

卒業までに取得すべき単位数は74単位以上となっています。
単位を取得するためには出席日数ではなく、「レポート提出→スクーリング→試験」の3つが必要になります。
その他単位については以下のようなことがあります。

・各種検定・・・学校によって単位として認めてもらえるケースがある。
・以前通っていた高校の単位・・・原則、単位として認めてもらえる。

特別活動

特別活動は卒業までに30単位以上必要になります。

特別活動は、通常の授業以外の内容で、スクーリングの日に他の人達と一緒に何かに取り組む学習のことです。
具体的には、

・学校行事・・・入学式、文化祭、体育祭、修学旅行など
・その他・・・ホームルーム、進路指導、清掃活動、生徒会活動、映画鑑賞など

1単位につき50分なので、30単位取得するには合計25時間必要という計算になります。
ただ、学校によってはインターネット等による特別活動を行うことで登校日を少なくするやり方もあります。特別活動の内容は学校によって内容も雰囲気も異なるので、集団行動が苦手な場合には、受験前にどんな内容かをよく確認して、自分に合いそうな学校を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

高卒認定資格とはどんなもの?

高卒認定資格は、高校卒業と同等以上の学力があることを認められた資格です。2004年度までは「大学入学資格検定」(大検)という名称で知られていたもので、高卒認定資格という名称に変わるにあたって若干内容変更がありました。

大検との違いは、大検が単に大学受験する資格があるという意味なのに対して、高卒認定資格は「学力が高校卒業と同等レベルである」証明の意味があることです。

では細かいことについて確認していきましょう。

受験に関する事項

受験資格

高卒認定資格の受験資格は以下の全てに当てはまる人が対象です。

・高校卒業していない
・高卒認定資格を持っていない
・16歳以上(年度末までに16歳になるならOK)

ということで、頑張れば16歳でも高卒認定資格を取得することは可能です。
じゃあ、大学に16歳で受験できるかというと、残念ながら不可能です。

なぜかというと、日本の大学はほぼ全ての場合に大学受験資格が18歳以上(その年度末までに18歳)という制限があるからです。海外のような、大学のスキップ入学は認められていないのです。

受験日・頻度

高卒認定資格の受験日は(8月)と秋(11月)の年2回行われます。
1回の試験につき試験日は2日間連続で行われます。

出願は1回目が4月下旬頃、2回目が8月下旬頃とかなり早い時期になっているので、受験する場合には申込を忘れないよう注意しなければなりません。

試験科目と免除科目

試験科目は8~10科目。必須科目(3科目)と選択科目(選択方法によって5~7科目)があります。

【必須科目】
国語、数学Ⅰ、英語Ⅰ
【選択科目】
理科(物理、化学、生物、地学等)
社会(世界史、日本史、地理、現代社会、倫理、政治・経済)

試験科目は科目ごとに合格判定が行われるため、全部の科目を一度に合格できなくても大丈夫です。(合格した科目については次回以降免除されます。)

また、英検2級や国連英検C級、数検2級、歴史検定2級等を取得している場合は該当する科目について免除されます。更に、高校で必要な単位を修得した場合は該当する科目が免除されます。

試験のやり方

試験は全てマークシートです。

合格点について

合格ラインは非公表とされているので不確かですが、問題の難易度や平均点などによって合格ラインが毎回変わります。難しい出題の場合は40%程度しかできていなくても合格することがあります。

高校卒業資格と高卒認定資格のどちらが良いのか?

高校卒業資格と高卒認定資格のどちらが良いの?

という疑問について答える場合、

高校卒業資格の方が安心ですよ。

というのが一般的な回答ですね。
でも、一部の人にとっては、

君のような場合は、高卒認定資格でもいいかもしれないよ?

というケースもあるので、ここでは高校卒業資格と高卒認定資格の違いについてお話ししていきます。

高校卒業資格と高卒認定資格の違い

高校卒業資格と高卒認定資格の違いはいくつかありますが、大きな違いとしては、

履歴書に「高卒」と書けるかどうかの違いです。

ということになります。

高卒認定資格は高校卒業ではないので「中卒」と考える人が多いです。

ただし、厳密に言うと高卒認定資格を取得した場合には、就職の際に履歴書に
「令和○年○月 高等学校卒業程度認定試験合格」
という一行を追加で書くことができます。つまり、制度上は「高卒」と同等とされているのです。(でも一般的にはあまり知られていない・・・。)

そして、企業には高校卒業と同等に扱ってもらえる、という認識にはなります。また、国としても高校卒業の区分という扱いなので、公務員(高卒)試験やその他受験資格が高卒の国家資格は受験可能になります。

参考:高等学校卒業程度認定試験Q&A

ただ、制度上は高卒と同じと認められているとはいえ、

・高卒認定資格は最大10科目なので高校卒業資格よりも少ない
・高卒と同等という認識を知らない人が多い

というデメリットがあります。

ですので「高卒認定資格って何?」と思われる可能性も否めません。ちょっと心もとない資格なのですよね。

高校卒業資格と高卒認定資格の難易度

難易度は、高校卒業資格の方が高卒認定資格よりも難しいです。

難しい理由は以下の3つです。

  • 学習内容・・・高校卒業資格は高校課程3年間の内容ですが、高卒認定資格は高校課程の基礎的な学習(主に高1)で合格できる。
  • 科目数・・・高卒認定資格は主要5科目(理科社会については細分化された中から選択)だけ学習すれば良い。
  • 学習期間・・・高校卒業資格は丸3年間かかるけど、高卒認定資格は試験勉強すれば短期間でも合格できる。

年齢による視点

高校卒業資格と高卒認定資格のどちらが良いのかを考える上では、自分の年齢を考えることも大切です。

現役の高校生の場合

現役の高校生の場合、大学受験や就職目的で考えるとしたら高卒認定資格でも良いのですが、高卒認定資格を早い年齢で取得したとしても18歳までは大学受験ができません。
ですので、どちらかというと、一般的に通用する高校卒業資格の方が良いでしょう。

ちなみに、今全日制高校に通っているけど単位が取れないので悩んでいる場合なら、気になる通信制高校に相談してみると良いですよ。在籍期間が途切れないようにして、在籍している全日制高校で可能な限りの単位を取得して、それを通信制高校での単位に認めてもらうのが一番良い方法です。その方法でやると、同級生と同じ丸3年間で卒業することが可能です。

社会人の場合

社会人の場合には、高校卒業資格も大切ですが、大学進学目的であれば、短期間で取得できる高卒認定資格の方がおすすめです。
高校卒業資格がなくても大学進学して4年間きちんと学べば履歴書に「大学卒業」と書くことができるからです。

とはいえ、これは1つの考え方に過ぎません。実際にはどちらが良いかというのはその人の考え方にもよるので、高校卒業資格と高卒認定資格のメリットとデメリットをよく考えて決めてくださいね。

通信制高校での卒業資格まとめ

通信制高校の場合、全日制や定時制と同じ高校卒業資格を取得することができます。

高校卒業資格は

・丸3年間
・74単位以上
・特別活動30単位以上

という3つの要件をクリアすれば取得できます。

一方、高卒認定資格は高校卒業資格と同等の学力があるという認定資格です。
3年間かけて高校卒業資格を取得するよりも手っ取り早く大学受験資格が欲しい場合にはおすすめの資格ですが、現役高校生であれば、高校卒業資格を3年間かけて取得する方が良いでしょう。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぼっち星人の母

現在高校2年生の娘の母で、アラフィフ。
娘は一見普通の女の子ですが、話そうとすると様々な症状があって日々の生活が大変で、

小学2年生の後半から不登校になり、勉強する気力なくなり学力が小学校2年生で止まっていました。

その後、中学校入学目前になり、とあることがきっかけでやる気が出て、中学校の特別支援学級に通うようになりました。今は、高校生活に淡い夢を抱き始めた段階で、「通信制高校なら通えるのではないか」と考え、あちこちの学校をリサーチし、その後無事通信制高校に入学しました。

ちなみに、娘の症状は以下のようなことがあります。

引っ込み思案、虚弱体質、感覚過敏(嗅覚過敏・聴覚過敏・触覚過敏)がある、集団生活に馴染めない、こだわり星人、
自閉症スペクトラム(幼少時には高機能自閉症と診断されたものの、様々な特性がありWISCでは全くやる気無しなので現在は知的障害レベルの数値しか出ない)、母子分離障害、強迫神経症。

ぼっち星人の母をフォローする
通信制の仕組み
通信制高校で希望を掴め!

コメント

タイトルとURLをコピーしました