通信制高校ってどんな感じ?説明会や見学の前に必読!疑問を解消♪

説明会

通信制高校ってどんな感じなのかなあ・・・

と思った場合に何をすべきでしょうか。

実際に学校の説明会に行った方が良いのかしら。

と思うかもしれませんが、

でも、どこの学校が良いのか知らないわ!

どうしよう!?

こんなことになるかもしれませんね。

そこでこの記事では、通信制高校に興味が湧いた時にやるべきこととして、

・どんな行動をすれば良いのか
・説明会や見学会等に何を準備して行けば良いのか

以上を中心にまとめました。

スポンサーリンク

通信制高校がどんな感じか知りたい場合は?

通信制高校がどんな感じか知りたい場合、最初にやる行動としては、以下の2通りがあります。

気になる高校がある場合

具体的に気になる高校がある場合は即行動できますよね。次のような手順になるでしょう。

(1)高校のホームページを見る
(2)高校のホームページから資料請求
(3)高校の説明会予約をして実際に行く

(2)の資料請求をせずに、いきなり説明会予約をする方法もOKです。

気になる高校が思い浮かばない場合

通信制高校は気になるけど、具体的にどの学校が良いのか分からない場合や、目当ての高校がない場合の行動としては次の2通りがあります。

・合同説明会に参加する
・「通信制高校 地域名」でネット検索してみる

合同説明会は沢山の通信制高校やサポート校が参加しているため、一度で何校もの先生方と直接面談出来るのが利点です。そのため、子供に合う学校を探しやすいですよ。

ただ、事前準備せずに合同説明会に行くと見逃す物事が多くなる可能性もあるので、事前に当日の動き方を考えておくべきですね。

我が家では、初めて合同説明会に行った際に実際に「失敗しちゃった」と思ったので、反省して今後行く方へのアドバイスをまとめました。合同説明会に行く予定があれば、説明会で失敗しないよう以下の記事をご覧ください。

▼関連記事▼
通信制高校合同説明会で失敗を防ぐには?体験談や個別相談会の注意点

★通信制高校の説明会には2種類あります。

●単独の説明会(高校で行う)
→気になる高校があるなら、このパターンでOK。

●合同説明会(広い会場で行う)
→通信制高校の全体像を知りたい場合におすすめ。

スポンサーリンク

通信制高校の説明会に行く前にやるべきことは?

通信制高校の説明会に行く前にやっておく方が良いこととしては、以下の3つがあります。
・情報収集(HPや資料)
・質問内容を考えておく
・説明会当日の服装と持ち物の確認
では次に、1つずつご説明していきます。

情報収集(ホームページや資料)

通信制高校の説明会に行く場合、事前にホームページや資料を見て、一通りのことは頭に入れておきましょう。
事前に情報収集しておくと、説明会当日に高校のことを深く知ることができます。また、余裕を持って学校や先生、生徒などを観察できるからです。

質問内容を考えておく

また、質問内容を考えておくのがおすすめです。
どんな質問をするか分からない、という場合には一度以下の記事をご覧ください。参考になる質問内容がありますよ。

▼関連記事▼
高校の説明会や個別相談時の質問おすすめ6項目!見学時の必見箇所

説明会当日の服装と持ち物の確認

服装や持ち物については、通信制高校の場合、全日制高校の説明会と雰囲気がかなり異なるため、実はあまり気にしなくて大丈夫です。

ただ、通信制高校に進学しようと考えている多くの人が、

・全日制高校に入学したけど、事情があり通信制高校に転入したい。
・全日制高校に行きたいけど、厳しい状況のため通信制高校に進学したい。

という感じで、「今まで全日制高校しか知らなかった」ため、全日制高校を受験するイメージで説明会に行く人が多いです。そのため、きちんとした服装の親子連れというのが多いのですよね。

ですので、全日制高校の場合は服装や持ち物に関してどのように考える人が多いのだろう?
という視点で一度以下の記事を読むと、納得できるでしょう。

▼関連記事▼
高校の説明会の服装は親がスーツで子供は制服にすべき?持ち物は?

・・・とはいえ、通信制高校の場合は何年も不登校が続いている子供もいるので、実際にあちこちの説明会やオープンキャンパスでは、どの学校も以下のような感じでした。

【子供の場合】
・制服を着なくても大丈夫。
・参加者は制服と私服バラバラ。

【親の場合】
・普段着でも大丈夫。
・参加者はスーツ、ジャケパン、普段着等バラバラ。

高校説明会に子供が行かない場合の対処は?

高校説明会に子供が行かないと言い出した場合、

折角一緒に行く予定だったのに、どうすれば良いの?

・・・と困ってしまいますよね。

このような場合の対処方法について、以下の記事に詳しくまとめてあります。

▼関連記事▼
高校説明会に親だけ参加のデメリットとは?欠席時の円満対処方法は?

ただ、通信制高校の場合には、全日制高校と違って入学選考時に学力検査でなく作文や面接というところが多く、最終的には本人のやる気があるのか、を見極めるんですね。

ですので、最初の説明会は親一人だったり、子供一人だけで参加しても全然問題ないけど、どこかのタイミングでまた親子で個別面談に行く方が良いという学校が多いです。

通信制高校の場合は臨機応変に対応してくれるところが多いので、何か困ったことがあれば、直ぐに学校に相談してみると良いですよ。

通信制高校の説明会や見学して気づいたこと【実体験】

我が家では、通信制高校の説明会には合同説明会を含めて数多く行ってきました。

でも、

高校って偏差値や制服が違うだけで、後はどこも似たり寄ったりじゃないの?

なんて思う人が多いかもしれません。

確かに、全日制高校を受験する場合は偏差値を中心に学校選びをしていく傾向がありますよね。でも、通信制高校の場合には1校1校、様々なところで違いがあります。例えば、学校の規模、選択するコース内容、学費、実際の授業方法など。

いろんな学校を見ていくと、先生の考え方や接し方、生徒の雰囲気、先生と生徒の距離感、授業光景などがビックリするくらい各校バラバラなので、じっくり腰を据えて見極めていかないと良い学校選びができません。

そこで、1校ずつ、私が参加した説明会やオープンキャンパス等の様子を記事にしておりますので、以下の記事からお入りの上、興味が湧いた学校の記事をご覧ください。

▼関連記事▼

通信制高校の説明会や個別相談会オープンキャンパスの体験談【一覧】

さいごに

通信制高校がどんな感じの学校か気になる場合は、実際に説明会に行ってみるのが良いのですが、初めて行く場合にはどんな場所か、どんなことを行うのか分からず不安になるかもしれません。

どんな服装で行ったらいいのか、どんな質問をすればいいのかなどの疑問も含めて、実際に我が家で行った学校の様子なども関連記事でご紹介しているので、ぜひご覧になって、使える質問などはジャンジャン使ってください。

「この高校に入学して良かった!」と思える素敵な高校を見つけてくださいね。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぼっち星人の母

現在高校2年生の娘の母で、アラフィフ。
娘は一見普通の女の子ですが、話そうとすると様々な症状があって日々の生活が大変で、

小学2年生の後半から不登校になり、勉強する気力なくなり学力が小学校2年生で止まっていました。

その後、中学校入学目前になり、とあることがきっかけでやる気が出て、中学校の特別支援学級に通うようになりました。今は、高校生活に淡い夢を抱き始めた段階で、「通信制高校なら通えるのではないか」と考え、あちこちの学校をリサーチし、その後無事通信制高校に入学しました。

ちなみに、娘の症状は以下のようなことがあります。

引っ込み思案、虚弱体質、感覚過敏(嗅覚過敏・聴覚過敏・触覚過敏)がある、集団生活に馴染めない、こだわり星人、
自閉症スペクトラム(幼少時には高機能自閉症と診断されたものの、様々な特性がありWISCでは全くやる気無しなので現在は知的障害レベルの数値しか出ない)、母子分離障害、強迫神経症。

ぼっち星人の母をフォローする
説明会
通信制高校で希望を掴め!

コメント

タイトルとURLをコピーしました