通信制高校の学費安いランキングは?補助金や免除制度はあるの?

通信制の仕組み

通信制高校で一番学費の安いところはどこかしら?

通信制高校への進学を考える際、一度はこのようなことが頭に浮かびますよね。

そこで今回は、

・通信制高校の学費が安いランキング
・通信制高校の学費補助について
・通信制高校の学費免除制度について

以上についてまとめました。

スポンサーリンク

通信制高校の学費の仕組みは?

通信制高校は単位制なので、取得する単位ごとに授業料がかかるのが基本です。それに加えて、学校施設費用や教材費等が1年毎に一律いくら、という形で発生します。

学費の主な項目は以下の通りですが、学校によって項目が異なります。
学費の比較といっても比較項目を統一するのが難しいため、この記事では初年度にかかる学費として、以下の(1)~(4)の合計金額で比較しております。

(1) 入学金・・・入学時のみ
(2) 授業料・・・単位数×単価私立の場合7,000円~8,500円程度が安い単価です。高い学校だと15,000円超というところもあります。)
(3) 施設、教育関連費用・・・学校によって名称が異なります。1年毎に支払うケースが多いのですが、初年度のみ納入の学校もあります。
(4) 教科書、模擬試験費用・・・数千円から1~2万円程度。
(5) スクーリング費用・・・スクーリングは毎週行う学校もあれば年1~2回(または3年間で1回だけ)遠方で宿泊する学校もあります。遠方で宿泊するケースでは数万円から十数万円の費用がかかってきます。今回の比較では除外していますが、明記されている学校については欄外に補足説明を入れています。
(6) 卒業アルバム費用等・・・3年次のみかかる費用もあります。

通信制高校の学費安いランキング3位まで

殿堂入り:各都道府県の公立通信制高校

通信制高校で最も学費が安いのは公立通信制高校です。ただ、各都道府県には公立が1~4校しかなく、入学するには条件が必要になってきます。(その都道府県に在住しているか、勤務先がその都道府県にあるという条件がほとんどの地域で設けられています。)

また、私立通信制高校に比べると勉強を続けていくのが難しくて卒業率が低いため、ただ学費の安さで選ばない方が良いでしょう。とはいえ、学費の安さは魅力的なので、よくメリットとデメリットを知った上で入学を決めるべきですね。

【公立通信制高校の学費】
入学金約500円、授業料200~1,000円/単位、教科書・教材費等数千円~約1万円程度
※卒業までに必要な費用は約10~15万円

【東京都の場合】
入学金・・・500円
授業料・・・336円/単位
日本スポーツ振興センター共済掛金・・・165円
教材費・・・科目により異なる
レポート等郵送費・・・15円(100gまでの料金)×75回程度=約1,125円

▼関連記事▼
通信制高校で公立と私立の違いは?学費以外の理解すべき点とは?
 

1位:クラーク記念国際高等学校 通信型

クラーク記念国際高等学校の通信型は学費が安いです。ただ、クラークは「週5日通学型」が主流で年間100万円超必要なので、学費が高いと思い込んでいる人が多いかもしれません。

(我が家で個別相談会に行って通信型について質問した際には、「ほとんどの人が通学型を選ぶので、通信型はあまりいません。」と言われました。)

ちなみに、通信型の場合は普段在宅でWeb学習し、スクーリングに月1~2日通学します。スクーリングは最寄りのキャンパスになります。

【クラーク記念国際高等学校通信型の学費】
入学金10,000円、授業料8,000円/単位、教育充実費・設備費13,000円
【1年で25単位受講する場合】
入学金10,000円+8,000円×25単位+教育充実費・設備費13,000円=223,000円
となります。

 

2位:翔洋学園高等学校

翔洋学園高等学校は茨城県日立市に本校のある通信制高校で、学習センターが茨城県以外に千葉県、福島県、新潟県、神奈川県、山形県にあります。(Webキャンパスもあるので全国どこからでも入学は可能です。)
翔洋学園の学費の特長は以下の2つです。

・入学金が0円
・学費は登校日数が週0日と週5日どちらでも変わらない。

入会金0円なので、かなり学費を抑えられます。また、通信制高校の殆どの学校が、登校日数を増やすとその分学費が高くなっていくのですが、翔洋学園では何日通っても学費が変わらないので、通学したい人にとっては非常にお勧めです。

【翔洋学園高等学校の学費】
入学金0円、授業料8,000円/単位、施設設備費50,000円、教科書代5,000~7,000円程度。
【1年で25単位受講する場合】
8,000円×25単位+施設設備費50,000円=250,000円
となります。

 

3位:N高等学校 ネットコース

N高等学校はインターネット授業を駆使した通信制高校で、ネットコースの学費はとても安いです。通学型については登校日数が週1,3,5日と選べるのですが、通学日数が多いほど学費がかかってきます。

【N高等学校ネットコースの学費】
入学金10,000円、授業料7,200円/単位、施設設備費50,000円、教育関連諸費13,000円
【1年で25単位受講する場合】
入学金10,000円+7,200円×25単位+施設設備費50,000円+教育関連諸費13,000円=253,000円
となります。

スクーリングは年1回5日間程度あります。在学中に1回は沖縄本校でスクーリングを受ける必要があり、その際に宿泊費用等が数万円かかってきます。残り2年間は最寄りのスクーリング会場で受けることができます。

通信制高校の学費安いランキング4位以降

★4位:日本ウェルネス高等学校 在宅コース
日本ウェルネス高等学校は東京都板橋区に本校のある通信制高校で、他に神保町や名古屋、広島、北九州、沖縄、松本、利根(茨城県北相馬郡)、信州築北(長野県東筑摩郡)にもキャンパスがあります。キャンパスによって異なりますが、通常コース以外にスポーツやペット、アイドル、パフォーマンス系のコース等もあります。

日本ウェルネス高等学校の在宅コースは学費が安いです。通学型については週5日と週2日コースがあるのですが、通学日数が多い方が学費が高くなります。

なお、在宅コースでは集中スクーリングと単位認定試験だけ登校する形になります。普段は在宅で学ぶのですが、一人で勉強するのが不安な場合には副教材の「Web授業システム」(インターネットによる授業)を利用する方法もあります。(この場合の費用は以下の学費に含まれていません。)

【日本ウェルネス高等学校在宅コースの学費】
入学金10,000円、授業料8,000円/単位、教育充実費50,000円
【1年で25単位受講する場合】
入学金10,000円+8,000円×25単位+教育充実費50,000円=260,000円
となります。

★5位:鹿島学園高等学校 自宅学習制
鹿島学園高等学校も学費の安い通信制高校として知られております。通学コースやオプションコースを選ぶと高くなりますが、自宅学習制を選べば学費を安く抑えられます。初年度は入学金があるのですが、授業料は1単位あたり7,000円と私立の中ではダントツの安さなので、2年度以降の学費が安くなります。

鹿島学園高等学校は22都道府県しか対応できませんが、姉妹提携している鹿島朝日高等学校(岡山県岡山市)、鹿島山北高等学校(神奈川県足柄上郡)では全国対応可能です。

【鹿島学園高等学校の学費】
入学金50,000円、授業料7,000円/単位、施設費24,000円、教育拡充費17,000円
(鹿島朝日高等学校と鹿島山北高等学校については、教育拡充費でなく通信費5,000円となっています。)
【1年で25単位受講する場合】
入学金50,000円+7,000円×25単位+施設費24,000円+教育拡充費17,000円=266,000円
となります。
※教科書代は別途必要になります。

★6位:松栄学園高等学校
松栄学園高等学校(まつえがくえん)は埼玉県(大宮、春日部、越谷の3ヶ所)にある狭域通信制高校で、入学可能地域としては、埼玉県、東京都、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県の在住者か勤務先がこれらの地域にあることが要件となっています。

【松栄学園高等学校の学費】
入学金0円、授業料8,000円/単位、教材費2,000円/単位、施設維持費(入学時のみ)30,000円
【1年で25単位受講する場合】
授業料8,000円×25単位+教材費2,000円×25単位+施設維持費30,000円=280,000円
となります。

★7位:明秀学園日立高等学校 通信制
明秀学園日立高等学校の通信制は、本校が茨城県日立市にある通信制高校です。その他、水戸、下館、宇都宮にキャンパスがあり、高萩でもスクーリングを受けることができます。
全日制もあるので施設が整っており、学費もその分安い設定になっており、週3日、月1回コースのどちらでも学費は変わりません。
茨城県周辺に住んでいる人にとっては学費が安くて魅力的でしょう。

【明秀学園日立高等学校通信制の学費】
入学金0円、授業料9,000円/単位、施設費36,000円、教育振興会費30,000円
【1年で25単位受講する場合】
入学金0円+9,000円×25単位+施設費36,000円+教育振興会費30,000円=291,000円
となります。その他、教材費8,000円、検定学習費4,000円等がかかります。

★8位:ヒューマンキャンパス高等学校 一般通信コース
ヒューマンキャンパス高等学校の一般通信コースは比較的学費が安いです。スクーリングは年2回本校か最寄りのスクーリング会場で受ける形なので、スクーリング費用もさほどかからなくて済みます。

ただ、ヒューマンキャンパスでは専門コース等で自分のやりたい授業をたくさん受けることが出来るのが魅力的なので、一般通信コースで在宅で黙々と学ぶというのは向き不向きがあるかもしれません。

【ヒューマンキャンパス高等学校 一般通信コースの学費】
入学金10,000円、授業料8,500円/単位、施設費60,000円、強化学習費32,000円
【1年で25単位受講する場合】
入学金10,000円+8,500円×25単位+施設費60,000円+強化学習費32,000円=314,500円
となります。ただし、スクーリング費用は別途3~11万円かかります。(学習センターによって金額が異なります。)

★9位:NHK学園高等学校 ベーシックコース
NHK学園高等学校には複数のコースがあるのですが、ベーシックコースはスクーリングが月に1、2回で学費を抑えたコースです。スクーリング会場は全国にあるので全国どこからでも通いやすいです。

【NHK学園高等学校ベーシックコースの学費】
入学金35,000円(推薦入学だと免除)、授業料10,000円/単位、生徒会費2,000円、教育運営費20,000円、施設設備充実費10,000円
【1年で25単位受講する場合】
入学金35,000円+10,000円×25単位+生徒会費2,000円+教育運営費20,000円+施設設備充実費10,000円=317,000円
となります。その他、教材費8,000円、検定学習費4,000円等がかかります。

★10位:一ツ葉高等学校 本科生コース
一ツ葉高等学校は熊本県に本校のある通信制高校で、在宅がメインの本科生コースは比較的学費が安いです。ただし、パンフレットを見ると、本科生コースの説明として「自己管理できて学力に自信がある人向け」という内容が書かれているので、申込時には注意が必要です。(ただ、一ツ葉に限らずどの通信制高校でも同じなのですけどね。)

【一ツ葉高等学校本科生コースの学費】
入学金50,000円、授業料8,000円/単位、教育充実費50,000円、教科書16,000円、模擬試験6,000円
【1年で25単位受講する場合】
入学金50,000円+8,000円×25単位+教育充実費50,000円+教科書16,000円+模擬試験6,000円、=322,000円
となります。
その他、毎年スクーリング費用92,000円がかかります。
スポンサーリンク

通信制高校には学費補助ってあるの?

私立の通信制高校だと、最も安い学校を選んでも年間20万円超は必要になります。

ですが、以下の支援制度を活用することで学費がかなり安くなる可能性があります。(ただし、世帯の所得制限があります。)

・国の制度→高等学校就学支援金
・都道府県の制度→高校生等奨学給付金

高等学校就学支援金

高等学校就学支援金は以下の場合に支給されます。

対象者・・・世帯年収約910万円未満(都道府県民税と市町村民税所得割の合計50.7万円未満)
支給額・・・1単位につき4,812円。(ただし、所得金額によって支給額が異なります。)

ただ、2020年4月の制度改正以降は以下のようになる予定です。

対象者・・・世帯年収約590万円未満(都道府県民税と市町村民税の合計25.75万円未満)
支給額・・・最大396,000円

対象者・・・世帯年収目安約910万円未満(都道府県民税と市町村民税の合計50.7万円未満)
支給額・・・最大118,800円

(ただしこれは全日制の場合であり、通信制の場合は異なります。詳細が分かったら追加します。)

更に、2020年7月以降の年収計算については、
政令指定都市以外・・・市町村民税の「課税標準額×6%-調整控除の額」
政令都市・・・市町村民税の「課税標準額×6%-調整控除の額×3/4」
で計算した結果が、

154,500円未満の場合(年収目安590万円)→支給額:最大396,000円
154,500円以上304,200円未満の場合(年収目安910万円)→支給額:118,800円

となります。

高校生等奨学給付金

高校生等奨学給付金は、都道府県独自の低所得世帯向け支援制度です。
教科書や教材費など授業料以外の教育費に関して対象者に給付されるものです。これは、返済不要なので低所得世帯の場合には自治体に問い合わせてみましょう。
なお、保護者が直接在住の都道府県に申請することになります。

通信制高校で学費免除を受けるには?

特待生制度

私立通信制高校の場合、学校によって学業やスポーツ等で非常に優秀な場合に授業料の全額または半額を免除してもらえる特待生制度があります。
パンフレットに記載されている学校もあるし、そうでない場合もあるので、学力に自信がある場合には学校に問い合わせしてみましょう。

入学金免除制度

「一般入試でなく、推薦入試を受ける場合には入学金を免除する」という制度の学校もあります。この制度がある場合、パンフレットに記載されているのでよく読んで受験するようにしましょう。

その他免除について

つくば開成国際高等学校は、通常の学費設定が安くないのですが、大学受験コース限定で「授業料自己負担0円から始められる設定」があります。
就学支援金を絡めた費用設定なのですが、就学支援金申請後、差額分について減免してもらえる、という内容なのです。

【通常の学費】
入学金30,000円、授業料12,000円/単位、教育設備費36,000円、教育運営費50,000円、教育充実費240,000円、教科学習指導費120,000円、教科書配送料800円
【1年で25単位受講する場合】
入学金30,000円+12,000円×25単位+教育設備費36,000円+教育運営費50,000円+教育充実費240,000円+教科学習指導費120,000円+教科書配送料800円=776,800円

となります。
その他、3年間で1回は沖縄本校のスクーリングに行く必要があるので、その費用が別途必要になります。
ですが、大学受験コースの場合、「授業料について就学支援金との差額免除し、教育充実費と教科学習指導費も免除」となっているので、

入学金30,000円+授業料0円+教育設備費36,000円+教育運営費50,000円+教育充実費0円+教科学習指導費0円+教科書配送料800円=116,800円

となります。

学費の安い通信制高校 まとめ

通信制高校で安い学校を探そうとするなら公立が一番ですが、公立高校については卒業率が私立よりも低いので、メリットとデメリットをよく考えて決める必要があります。

一方、私立については今回挙げた学校が安いのですが、多くの学校では普段在宅学習するコースでないと安くならないシステムです。通学すればするほど学費が高くなるため、どういう登校スタイル・学習スタイルが良いのか、子供に合っているのかをよく見極めていかなければなりません。

気になる学校があったら説明会やオープンキャンパス等で先生や生徒と触れ合ってじっくり考えていくのが良いでしょう。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぼっち星人の母

現在高校2年生の娘の母で、アラフィフ。
娘は一見普通の女の子ですが、話そうとすると様々な症状があって日々の生活が大変で、

小学2年生の後半から不登校になり、勉強する気力なくなり学力が小学校2年生で止まっていました。

その後、中学校入学目前になり、とあることがきっかけでやる気が出て、中学校の特別支援学級に通うようになりました。今は、高校生活に淡い夢を抱き始めた段階で、「通信制高校なら通えるのではないか」と考え、あちこちの学校をリサーチし、その後無事通信制高校に入学しました。

ちなみに、娘の症状は以下のようなことがあります。

引っ込み思案、虚弱体質、感覚過敏(嗅覚過敏・聴覚過敏・触覚過敏)がある、集団生活に馴染めない、こだわり星人、
自閉症スペクトラム(幼少時には高機能自閉症と診断されたものの、様々な特性がありWISCでは全くやる気無しなので現在は知的障害レベルの数値しか出ない)、母子分離障害、強迫神経症。

ぼっち星人の母をフォローする
通信制の仕組み
通信制高校で希望を掴め!

コメント

タイトルとURLをコピーしました